商品について

商品のお取り扱いについて
商品のお取扱いに関する注意・洗濯表示
皮革商品の取り扱いについて
毛皮(ファー)の取り扱いについて
商品のお取扱いに関する注意・洗濯表示
商品をご使用の際は、タグ等に記載されている「取扱い上の注意書き」や「洗濯表示」を必ずご確認ください。
洗濯表示を見る
皮革商品の取り扱いについて
弊社で取り扱うほとんど皮革商品は本革を利用しています。弊社では、皮革製品に対してクリームやスプレーの使用などは、シミやムラの原因となるためをおすすめしてはいません。素材に合わせた柔らかい布でお手入れをおすすめしています。
革のお手入れについて詳しく見る
毛皮製品の取り扱いについて
毛皮はホコリがつきやすく、一回の着用でもかなりの量を吸い込んでいます。ホコリを大量に吸い込んだまま毛皮を放置しておくと、毛抜けの原因になります。着用したら、毛を傷めないように、軽く叩いてホコリを落として直射日光のあたらないところでの管理をお願いします。
雨、雪などで濡れた時。
雨や雪で濡れた場合は、よく振って水を切ったあと、乾いたタオルでていねいにふきあげ、ゆっくり日蔭乾しで自然乾燥させましょう。 万一、皮まで濡らしてし まったときは、面倒でも購入店またはクリーニング店に早めに相談しましょう。 大量の水分を吸った皮は、なめしが戻って硬化したり破れてきたりする場合があるからです。
毛皮(ファー)の抜け毛について。
天然の素材を使用していますので、一部商品では抜け毛や折れ毛などがお客様が購入されて使用した際に洋服についてしまう場合もございます。予めご了承ください。
毛皮抜ける、折れる理由としては、刺し毛が折れて、毛が抜けたように思われる場合もございます。また皮の経年劣化により毛が抜けてしまう場合もございます。
またファーを製品にする際に裁断したあと、毛飛ばしをするのですがそれが充分ではなくお客様が使用されているうちに、静電気衣服についてしまう場合もございます。
毛皮の長期保管について
ページトップへ