大人のためのファッションサイト

SANKYO BLOG

読み物 豆知識

アリゲーターとカイマンって?ワニ革辞典

02/19/2020

  1. HOME >
  2. 読み物 >

アリゲーターとカイマンって?ワニ革辞典

02/19/2020

ワニ革は大きく3種類

ワニ革といえば3種類が有名

ワニといっても様々な種類が存在しますが、バッグや財布に使用されているのは大きく3種類。

クロコダイル科、アリゲーター亜科、カイマン亜科です。

アリゲーターとカイマンは同じアリゲーター科アリゲーター亜科とアリゲーター科カイマン亜科ですが、クロコダイルはクロコダイル科のみになり、別の種類のワニになります。

カイマンやアリゲーターをクロコダイルと称して販売している店もあるようですが、正しくはクロコダイル科のワニではありませんのでご注意ください。

とはいえどちらが優れているというわけでもないので、それぞれの特徴を掴んで好みのワニ革を見つけてください。

クロコダイルとは

クロコダイル 革 特徴
クロコダイルの腑模様

ワニ革の中でも最も人気のあるクロコダイルは、クロコダイル科という独自の種類です。

中央の腑模様は正方形に近く、端にいくにつれて丸みを帯び小さくなっていくのが特徴。

呼吸をするための穿孔と呼ばれる小さな点がついていることも特徴の1つですが、染色が濃いと消えてしまうことも。

加工によってラグジュアリーな表情からシックな表情まで、多岐にわたる表情を見せてくれるのも魅力です。

クロコダイル シャイニング加工 長財布 一枚革 センター取り 無双
クロコダイル センター取り シャイニング加工 無双仕立て財布
クロコダイル シャイニング加工 長財布
クロコダイル シャイニング加工 長財布

アリゲーターとは

アリゲーター 革 特徴
アリゲーターの腑模様

アリゲーターはクロコダイルよりも腑模様がやや長めの長方形になっているのが特徴。

お腹を地面について移動するため、クロコダイルにある穿孔と呼ばれる呼吸をする穴がアリゲーターにはありません。

しかし手触りや見た目はクロコダイルをほとんど変わりないので、好みが分かれるとすれば腑模様の形の違いになります。

アリゲーター マット加工 長財布
アリゲーター マット加工 ラウンド長財布

カイマンとは

カイマン 革 特徴
カイマンの腑模様

カイマンとはアリゲーターと同じ種類のワニで、小柄な体格が特徴です。

アリゲーターやクロコダイルが基本的にお腹部分の革を使うのに対し、カイマンは背の部分を使うことがほとんど。

ごつごつと隆起した背骨部分を活かすので、アリゲーターやクロコダイルにはない手触りとワイルドな表情が楽しめます。

カイマン シャイニング加工 長財布
カイマン(頭) シャイニング加工 長財布
カイマン L字 長財布
カイマン L字ファスナー長財布

最後に

いかがでしたでしょうか?

さらに細かい違いになると生物学からのご説明になるので省きましたが、大きな特徴はつかめましたか?

希少さや加工の手間のかかり方で大きく値段は変わってきますが、できれば値段に左右されず、正しい知識を得た上で自分が好きだと思えるワニ革を見つけてください。

   


◇関連記事◇

※掲載の価格は、掲載当時のものとなります。現在の価格と異なる場合もございます。予めご了承ください。

 

0
  • この記事を書いた人

三京くろこ

-読み物, 豆知識
-, , , ,

Copyright© SANKYO BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.